パートナー 中澤 栄仁 | 東京共同会計事務所

日本語 ENGLISH
Members メンバー
  • ホーム
  • メンバー
  • コンサルティング部 中澤 栄仁

コンサルティング部

中澤 栄仁  Hidehito Nakazawa   パートナー

プロフィール

同志社大学商学部卒業
公認会計士、税理士
流動化・証券化協議会 会計税務委員会 委員
中央大学専門職大学院兼任講師(担当:証券化取引の会計税務)(2012年~2017年)

1995年 あおぞら銀行(旧 日本債券信用銀行)入行。
大阪支店にて個人調達、融資事務、不良債権回収業務を担当、本店経理部で銀行経理を担当する。
2002年より東京共同会計事務所にて勤務。
2009年 同事務所パートナーに就任。

担当業務

主な担当業務はストラクチャード・ファイナンス業務及びプロジェクト・ファイナンス業務と企業価値評価業務となります。
ストラクチャード・ファイナンス業務としては、不動産及び債権(現在債権/将来債権)の証券化の他、デリバティブ内蔵型の金融商品や日本版ESOP・議決権留保信託・自己信託等の信託スキーム等、各種ストラクチャーにおける開発・組成・運営・リストラクチャリング等の各場面における会計・税務アドバイス業務を担当させて頂いております。また、住宅ローン・事業用ローン等のプール債権及びこれに係る優先受益権等の評価業務についても対応させて頂いております。
また、太陽光発電等の各種発電プロジェクトに関しては、大小問わず数多くのプロジェクトの会計税務アドバイザーを務めさせて頂いており、各種会計税務サービス(ストラクチャー選択のアドバイス・論点整理、事業計画又はキャッシュ・フロープロジェクションの検証業務、契約書の確認・コメント及び意見書作成等)をご提供させて頂いております。
企業価値評価業務としては、普通株式、優先株式、新株予約権付社債、劣後社債及び普通社債等、各種資本及びデットの評価業務を対応させて頂いております。
なお、新たな証券化・投資スキーム及び太陽光発電ビジネスを中心に雑誌寄稿による会計税務の側面での普及活動もさせて頂いておりますので、ビジネス展開の際の参考にして頂ければと思います。

セミナー

「流動化・証券化に係る会計税務(実践編)」:2016年9月、一般社団法人流動化・証券化協議会主催(第4回実践講座②)
「平成27年度 第2回地域金融機関に対する低炭素化プロジェクトの研修会
(税務面及びリスク評価・事業性評価担当) 」:2015年11月、環境省主催
※第1回開催の研修会もセミナー講師を務めております。
「平成27年度 第1回地域金融機関に対する低炭素化プロジェクトの研修会
(税務面及びリスク評価・事業性評価担当)」:2015年10月、環境省主催
「不動産ファンド市況悪化・低迷時における法務及び会計・税務の諸問題 事例研究」:2010年5月、㈱金融財務研究会主催
「LSアセットマネージャー検定講師」:全国サービサー協会主催

その他のセミナー情報はこちら>>

論文・書籍

「太陽光発電プロジェクトに係る事業収支作成上の留意点」:中央経済社『旬刊 経理情報』、2013年11月20日号(No.1364)
「税務の視点から検証する 再生可能エネルギー発電事業」:第一法規(株)『会社法務A2Z』、2013年7月号
「債権流動化取引で譲渡人が保有する劣後受益権の会計処理」:中央経済社『旬刊 経理情報』、2013年3月10日号(No.1341)
「固定価格買取制度スタート!太陽光発電ビジネスの税務ポイント」:中央経済社『税務弘報』、2012年10月号(Vol.60/No.10)
「太陽光発電ビジネスの会計・税務ポイント」:中央経済社『旬刊 経理情報』、2012年2月20日号(No.1306)

その他の論文/書籍情報はこちら>>