パートナー 藤田 収二 | 東京共同会計事務所

日本語 ENGLISH
Members メンバー
  • ホーム
  • メンバー
  • コンサルティング部 藤田 収二

コンサルティング部

藤田 収二  Shuji Fujita   パートナー

プロフィール

京都大学法学部卒業
公認会計士

1996年 富士通株式会社入社(国際営業部門配属)。
約7年間海外向けの情報処理機器の営業を担当。
2003年より東京共同会計事務所にて勤務。
2011年 同事務所パートナーに就任。

担当業務

金銭債権や不動産などをアセットとする証券化関連の会計・税務コンサルティングや債権評価業務、会計監査などをメインに行っております。またコーポレート・ファイナンスとしての株価算定業務や、M&Aの際の財務デュー・ディリジェンス業務、国際税務や国際会計基準・米国会計基準適用に関するアドバイスも行っております。その他にも、一般事業法人の決算・申告や、外国人の確定申告、移転価格などの税務業務も行っております。
不動産証券化協会において、コンバージェンスワーキンググループ メンバー(2009年6月~)。

セミナー

「流動化・証券化に係る会計税務(実践編)」:2016年9月、一般社団法人流動化・証券化協議会主催(第4回実践講座②)
「近年の消費税の改正と証券化への影響」:2012年1月、流動化・証券化協議会主催
「オフショアファンドのストラクチャーと税務」:2011年2月、(株)セミナーインフォ主催
「リースに係る会計と税務~IFRS公開草案を踏まえて~」:2010年11月、(株)セミナーインフォ主催
「IFRSが銀行決算に与える影響」:2010年10月、(株)リサ・パートナーズ主催(第8回企業イノベーションセミナー)

その他のセミナー情報はこちら>>

論文・書籍

「ソフトバンクの発行事例を踏まえて 海外SPCを利用した優先出資証券発行の留意点」:中央経済社『旬刊 経理情報』、2011年10月20日号(No.1295)
「持合株式解消信託スキームの会計・税務上の検討ポイント~財務指標等の改善、株価下落リスクの排除などにメリットが~」:中央経済社『旬刊 経理情報』、2010年2月1日号(No.1238)