シニアアドバイザー 上田 哲士 | 東京共同会計事務所

日本語 ENGLISH
Members メンバー
  • ホーム
  • メンバー
  • コンサルティング部 上田 哲士

コンサルティング部

上田 哲士  Tetsuji Ueda   シニアアドバイザー

プロフィール

横浜市立大学商学部卒業
税理士、宅地建物取引主任者

・1986年 野口俊男税理士事務所に入所。
 -法人税・個人所得税・相続税などの申告・相談業務などを担当。
・1989年 中央クーパース・アンド・ライブランド国際税務事務所(CCL)(現 税理士法人PwC)に入所。
 -多国籍企業の移転価格問題、会社の合併・リストラクチャリング、米国投資、大手企業オーナーの事業承継・資産管理、など広範囲に亘る国際的税務コンサルティングに従事。
・1991年~1994年 クーパース(現 PwC)サンフランシスコ事務所に出向。
 -主に日系企業及び日本の投資家に対する米国法人税・所得税の申告・相談業務を担当。帰国後はCCLにて日系及び外資系企業に対して移転価格調査、相互協議、APAなどを担当。PE課税・外国税額控除・タックスヘイブン対策税制・源泉課税など国際税務全般の相談にも関与。
・1999年 CCLを退所し上田税理士事務所を設立。
 -McDermott Will & Emery LLP シニア・パートナーのシム・ローウェルと連携して日系及び外資系多国籍企業の移転価格問題(日・米・英・豪・独・仏・蘭などのTP調査、不服申立て、相互協議、APA)を解決。移転価格問題のほかPE課税・外国税額控除・タックスヘイブン対策税制・源泉課税など国際税務全般の問題解決にも関与。元OECD諮問委員会租税部会副議長 故五味雄治氏(元国税庁国際担当審議官)の補佐として同委員会活動に参加。

担当業務

移転価格

セミナー

「グローバルに展開する日本企業のための国際法務最新事情」:2014年1月、McDermott Will & Emery主催(2nd McDermott International Seminar 2014)