反社会的勢力に対する基本方針 | 東京共同会計事務所

日本語 ENGLISH
反社会的勢力に対する基本方針
  • ホーム
  • 反社会的勢力に対する基本方針

反社会的勢力に対する基本方針

東京共同会計事務所及び有限会社東京共同会計事務所(以下、「当事務所」といいます)は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える、暴力団をはじめとする反社会的勢力との取引を含めた一切の関係を遮断するため、以下の基本方針を定めます。

基本方針

1) 当事務所は、反社会的勢力による不当要求に対し、従業員の安全を確保しつつ組織として適切に対応
致します。
2) 当事務所は、反社会的勢力による不当要求に備えて、特防連、弁護士、警察等の外部専門家と緊密な
連携関係を構築致します。また、不当要求防止責任者を設置し、管轄警察署と密に連携します。
3) 当事務所は、反社会的勢力とは取引関係を含めて一切の関係を持ちません。
4) 当事務所は、有事の場合には、民事と刑事の両面からの法的対応を積極的に行います。
5) 当事務所は、反社会的勢力との裏取引や反社会的勢力に対する資金提供を一切行いません。