東京共同グループの各事業体※(以下、「弊社」といいます)は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える、暴力団をはじめとする反社会的勢力との取引を含めた一切の関係を遮断するため、以下の基本方針を定め、これを遵守します。
※東京共同グループ法人の一覧はこちらをご覧ください。

基本方針

  1. 弊社は、弊社の社会的責任を強く認識するとともに、コンプライアンスを徹底するため、組織全体として以下の各号の反社会的勢力との関係を遮断し断固として拒絶します。
    1. 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること。
    2. 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
    3. 弊社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること。
    4. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
    5. 弊社の役員又は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること。
  2. 弊社は、反社会的勢力による不当要求に対し、従業員の安全を確保しつつ組織全体として対応し、迅速な問題解決に努めます。
  3. 弊社は、平素から、反社会的勢力による不当要求に備えて、公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会、弁護士、警察等の外部専門家と緊密な連携関係を構築します。また、不当要求防止責任者を設置し、管轄警察署と密に連携します。
  4. 弊社は、有事の場合には、民事と刑事の両面からの法的対応を積極的に行います。
ページトップに戻る