main visual

グローバルにビジネスを展開する企業のグループ財務管理の課題となる
海外銀行口座接続、オペレーション体制構築を支援します。

 グローバルビジネスを展開する企業の財務管理業務においては、TMS(財務管理・資金管理システム)やERP(基幹系業務システム)の導入により、集中管理の体制を敷いてオペレーションの仕組み構築を行うケースが一般的です。

 

 しかしながら、運用を開始するには、まず、国内外の対象口座銀行宛ての情報発信依頼やベンダーとのデータ受信テストの連携等の業務を社内で行う必要に迫られます。国内金融機関とのやりとりについては比較的容易に行えるものの、海外各国の金融機関と直接やりとりし、必要情報の取得と接続やテストを行うことはハードルが高く、財務管理担当部門の負担となっています。

 さらに、メインバンクと各国の金融機関の間の契約やオペレーション体制づくりも必要となり、これらの準備作業をすべてクリアできない場合は、海外事業拠点の財務情報の一元管理をスタートすることができません。

 

 東京共同会計事務所では、多国籍企業の抱えるこれらの課題に着目し、グローバル財務管理の高度化を支援するサービスを開始しました。

 

多国籍企業のグループ財務管理システム(イメージ)

 

サービスの特徴

グループ海外口座情報・銀行接続サポートサービス

各国金融機関のプロトコルに精通した
金融機関の実務経験者が業務をご支援します。

 

 東京共同会計事務所のグループ海外口座情報・銀行接続サポートサービスでは、クライアントの財務担当者に代わり、海外事業拠点、グループ企業等の銀行口座情報との接続及びオペレーション体制の構築業務を行います(弊事務所は、銀行口座の保有者ではないので、実際にはクライアントの黒子として、依頼状、返信の評価、データ接続テストのアレンジをおこなう形になります)。クライアント企業の財務管理の高度化に貢献します。

 

■海外銀行口座情報の電子データによる取得

 海外事業拠点が口座を保有する現地銀行宛てに、情報発信依頼、データ仕様確認、価格確認等を行い、各種契約書、申込書の作成を行います。

■接続テストの代行

 TMS/ERPベンダー宛てにデータ受信テストの依頼を行い、接続テスト及び結果評価を実施します。

(クライアント財務管理ご担当者もお立会いのうえ、テストを実施する場合もあります)

■その他の業務

 送金依頼を集中管理されたい場合には、メインバンクと海外銀行双方へのヒアリングにより、銀行間契約(MT101)、オペレーション体制構築に関するアドバイスを行うことも可能です。但し、口座情報取得に比べ、かなり難易度は上がります。

専門家

齋藤 隆之

齋藤 隆之

財務管理高度化支援

マネージャー

サービス一覧へ戻る

関連リンク

銀行接続サービス

ページトップに戻る