ストラクチャード・ファイナンス【ビークル管理】 | 東京共同会計事務所

日本語 ENGLISH
Our Practice 業務案内
  • ホーム
  • 業務案内
  • ストラクチャード・ファイナンス「ビークル管理」

ストラクチャード・ファイナンス 「ビークル管理」

ビークル管理

ビークル管理業務は、当事務所の主要業務のひとつであり、次のような特色を有しております。

当事務所は、本業務の日本におけるパイオニアとして、延べ数千社に及ぶ豊富なビークル管理の実績を誇っております。
多様な資産クラス(債権・不動産のみならず、株式・公社債等の有価証券、デリバティブ取引、航空機、船舶、設備、在庫商品、映画コンテンツ等の知的財産権、興行イベント等の各種事業・PFI等)及び多様なスキーム(例えばマルチ・セラー型のABCPやMTNによるリパッケージ債のシリーズ発行等)の取扱いを行っており、それら各スキームに固有の特徴を十分に理解した上で、的確な管理業務を行うことができます。
特定目的会社やいわゆるGK+TKスキーム等の国内SPCにとどまらず、ケイマン法人等の国外SPC、各種組合(任意組合、投資事業有限責任組合、海外の各種パートナーシップ等)など幅広いビークルに対し総合的事務管理サービスを提供しております。
事務管理サービスを行うに当たっては、内部統制を構築し、不正・誤謬が発生しにくい仕組みをつくることを常に意識しており、属人的ではなく、組織的に改善策を担保することが可能です。

フィナンシャル・ソリューション部の組織図はこちら[PDF]

そして、国際会計基準(IFRS)へのコンバージェンス、連結パッケージへの対応を含め、ますます多様化し、重要性を増しつつある各種レポーティングについて、迅速性及び対応の幅広さを心がけ、クライアントの皆様の利便に努めております。
投資ビークルの投資対象資産や投資・ビークルへの主要サービス提供者に関して価値下落・流動性減少・財政破綻等のイベントが発生した場合にも、当事務所では、これまでの豊富な経験を活かし、投資家保護等の観点を踏まえた現実的で的確な解決に至るようビークル管理業務を遂行しております。

ストラクチャード・ファイナンス「ビークル管理」図

ビークル管理業務

◆案件組成時
1)  案件クロージングサポート

案件成立に向けての各種契約書の初期ドキュメンテーション時から案件に関与し、契約締結に至るまでのアドバイス・コメントを通して、案件成立をサポート致します。

2)  ビークル設立業務等
◆期中~案件終了・閉鎖時
1)  法務業務

定款、総会議事録関係書類の作成、公告、事業報告書・有価証券報告書の作成等を基本業務としながら、各種法改正にもいち早く対応し、ビークルの管理に求められるガバナンス上の要請に各種法令及び契約に基づき自発的に対応致します。 ○金融庁/財務局対応(金融商品取引法届出/事業報告書等)
○日銀報告
○定款・総会議事録作成
○公告(決算公告については電磁的方法による開示業務を提供)
○有価証券報告書作成(EDINET提出【XBRLデータ作成を含む】)
○ケイマン対応

2)  資金管理業務

各案件に関して、契約やスキームの定めに基づきキャッシュマネジメントを行います。 ○送金/銀行口座管理
○LTV/DSCR計算及び報告
○ウォーターフォール計算及び報告
○投資家に対する配当計算及び報告

3)  税務・会計業務

各案件の税務届出(消費税のステータス管理を含む)、申告、納付等を行います。また、常に会計基準の改正や税制改正を捉えた適正な会計処理ルールを作成し、会計記録の作成を致します。 ○会計記録
○税務申告書作成
○各種税務届出書類作成

4)  レポーティング業務

案件ごとにお客様のニーズに対応し、迅速かつ正確なレポーティングを行います。 ○IFRS対応
○US-GAAP対応
○連結パッケージ対応等

5)  重要現物保管

ビークルの印鑑や登記済権利証等の重要現物を厳重に管理致します。特に印鑑については、当事務所の印鑑・通帳管理システムを通じて厳重な管理を実施しております。

6)  代表者派遣/所在地提供

ビークルに必要とされる公正中立かつストラクチャード・ファイナンスに精通した役員を派遣致します。また、登記に必要な住所の提供を行います。